へなちょこ登山日記

登山初心者の登山記録です★

2017/10 燕岳

北アルプスの女王と呼ばれる燕岳に登ってきました!

燕山荘から眺めた燕岳は美しすぎて圧倒されました。

天候にも本当に恵まれ先週に引き続き素晴らしい登山になりました。

 

以下コースです。

 

中房・燕岳登山口(06:00)・・・第2ベンチ(07:00)・・・合戦小屋(08:20)・・・燕山荘(09:30)・・・燕岳(10:00)・・・燕山荘(10:50) [休憩30分]・・・合戦小屋(12:00)・・・第2ベンチ(12:50)・・・中房・燕岳登山口(13:30)

 

 

今回お世話になったお宿はこちら!

 

f:id:ns519:20171011221937j:plain

 

温泉は体が本当に温まりました。

家族風呂も24時間入れてしかもそこまで混んでません!

そしてなんと宿泊者は下山後の入浴が無料!

14時まではお昼も食べられてお風呂は17時までです。

晩御飯もとてもおいしく満足です。

 

f:id:ns519:20171011222005j:plain

 

今日はお土産でいただいたこちらを飲みながら晩御飯にします。

 

f:id:ns519:20171011222012j:plain

 

駐車場は夜のうちに登山者用の駐車場に停めておくようにと宿の方からアドバイスをいただきました。

というより、宿に停めていると邪魔みたいです(笑)

第1~第3まであるのですが、次の日の朝とかだともういっぱいになって停められないそうです。

前日の16時頃でも第3以外は満車でした。

 

f:id:ns519:20171011222041j:plain

 

翌朝、6時ちょっと前に第3駐車場から出発!

駐車場から登山口のある中房温泉までは15分くらいです。

第1~第3はどれもそこまで距離は変わりません。 

辺りはまだ薄暗い時間でしたが中房温泉にはたくさんの方で賑わっていました。

登山届を提出して出発~!

 

f:id:ns519:20171011222255j:plain

 

いきなりの急坂にだいぶ体力を削られました。

道も細く、人も多かったため若干渋滞気味です。

 

f:id:ns519:20171011222609j:plain

 

第1ベンチでお昼にします。

宿でもらったお弁当。

量もちょうどよくおいしかったです!

レジャーシートのせいかやたらピクニック感が出る私たち(笑)

因みに第1ベンチのそばには水場もあるみたいです。

 

f:id:ns519:20171011222803j:plain

 

まだ林の中でそこまで展望はありませんが時々遠くを見ることができます。

朝も早かったためか遠くに雲海と富士山が!

雲海に憧れる我々としては欲を言えばもっと近くで見たかったですがとても綺麗でした。

Nさんの中では60%雲海だそうです(笑)

いつか眼下に広がる100%雲海が見たいな~!

 

f:id:ns519:20171011223139j:plain

 

第二ベンチ、第三ベンチと順調に進んで行きます。

第三ベンチから富士見ベンチは山と高原地図で急坂と記載してありましたが、正直今までと変わらない気がしました。

そもそも最初から急坂続きだったので(笑)

体力的にけっこうきつかったです。

 

f:id:ns519:20171011224611j:plain

 

合戦小屋に到着しました。

ここもかなり人が多くて賑わっていました。

時期によってはスイカがあるみたいなので次回はスイカを食べに来たいです。

 

f:id:ns519:20171011224640j:plain

 

ここにはケーブルカーもあって小屋の大きな荷物はそれで運搬してるみたいです。

この時はプロパンガスのボンベを運んでました。

山によって歩荷さんだったりケーブルカーだったりヘリだったりと…色々ありますね!

 

f:id:ns519:20171011224729j:plain

 

合戦小屋を過ぎると徐々に視界が開けて来ました。

いつか登るであろう槍ヶ岳も登場です!

やっぱり槍ヶ岳は目立ちますね!

  

f:id:ns519:20171011224822j:plain

 

またしばらく上がっていくと遂に燕山荘が見えました!

こう見ると燕山荘の手前は明らかに急坂です。

恐ろしい…(笑)

 

f:id:ns519:20171011225003j:plain

 

やはり急坂、かなりきついです。

燕岳はざらざらした岩(花崗岩というのでしょうか?)のため滑りにくくかなり歩きやすいです。

転んだら痛そうだし急坂はきついですが(笑)

 

f:id:ns519:20171011225044j:plain

 

やっとの思いで燕山荘に到着!

早速見えた燕岳が早くも美しすぎる!!

燕山荘と燕岳の分かれ道にザックをデポって燕岳を目指します。

 

f:id:ns519:20171011225158j:plain

 

この稜線からは表銀座槍ヶ岳穂高岳などを見ることができます。

写真などでよく見る憧れていた稜線を歩けて感無量です。

そしてこの素晴らしい天気!

もう本当に最高!

 

f:id:ns519:20171011225453j:plain

 

これもまた有名なイルカ岩。

もっと小さいものかと思ってました!

 

f:id:ns519:20171011230156j:plain

 

少し先に眼鏡岩もありました!

 

f:id:ns519:20171011230246j:plain

 

燕岳山頂に到着です!

北燕もきれい。

 

f:id:ns519:20171011230339j:plain

 

少し下った所でお茶にします。

今日のおやつは…いもようかんと来るときのSAで買ったこんにゃくきな粉大福!

 

f:id:ns519:20171011230512j:plain

 

燕岳は足元が砂浜(Nさん曰く新潟辺りの)みたいで写真を改めて、見ると山の上だけどビーチみたいに見えます。

 

f:id:ns519:20171011230430j:plain

 

燕山荘のオープンが11時とのことだったので、名残惜しいですがそれに間に合わせるために来た道を戻ります。

燕山荘ではケーキを食べられるとのことだったのでそれも今回の楽しみの一つでした。

 

f:id:ns519:20171011230543j:plain

 

無事燕山荘に到着して本日2度目のティータイム!

山の上でデザートが食べられるなんて感動的です。

さすが誰もが泊まってみたがるという燕山荘!

 

f:id:ns519:20171011230827j:plain

 

お茶が済んで、登山バッチやてぬぐいも無事に購入!

前泊した宿で昼食を取ることにしたのですが、ランチタイムが2時まで!

ラストオーダーとかの可能性を考えると時間が全然ありません…

前回に引き続き、食事のためにストイックな下山にすることを二人で誓い下山開始!

最近我々はご飯を食べるために急ぐ傾向にあります(笑)

 

f:id:ns519:20171011230844j:plain

 

謎の石像。

これのエプロンしてるスタッフさんがいらっしゃいました。

 

f:id:ns519:20171011230747j:plain

 

燕岳のテン場は本当に眺めのいい所にあるので是非来年はチャレンジしたいです!

 

f:id:ns519:20171011230719j:plain

 

けっこういいペースで合戦小屋まで降りて来ましたがお昼の時間が迫ってるのでスルー(笑)

 

f:id:ns519:20171011230758j:plain

 

花崗岩は滑らなくて本当に歩きやすかったです。

お陰様で私はこの日、登山を初めてから初の1度も転ばないという偉業を達成しました(笑)

相当ハイペースで進んだ甲斐もあり、13時半に登山口まで戻ってきました!

二人の頭の中はもうご飯で埋め尽くされています(笑)

 

f:id:ns519:20171011231050j:plain

 

無事に有明荘に到着~!

山賊焼き定食とカツカレーを無事に食べ、温かい温泉に浸かって時間に余裕を持って帰ることができました。

 

 

f:id:ns519:20171011230804j:plain

f:id:ns519:20171011230754j:plain

 

今回は本当に素晴らしい景色を見ることができました。

急坂がちょっときつく感じましたが色んな人におすすめしたくなる山!

次回はテン泊でチャレンジしたいと思います!